興信所へのナンバープレート調査依頼・無料相談

興信所へのナンバープレート調査依頼・無料相談について

興信所の調査方法のひとつに、車両のナンバープレートの情報から所有者の氏名や住所を導き出すものがあります。こちらではナンバープレート情報からの個人特定について興信所に依頼した場合の方法や予算、依頼するときのポイントについてお伝えしていきます。

 

ナンバープレート情報からの個人特定の現状

数年前まで普通自動車の場合には陸運局に行き、申請すると誰でもナンバープレートの記号番号から所有者名や住所を調べることができました。しかし平成19年より登録事項等証明書の交付請求の方法が変更されたことから、現在では以前のように簡単にはわからないようになっています。

 

興信所がナンバープレート情報を元に調べる方法

興信所ではナンバープレートの情報だけでなく、車の特徴(車種や色など)や車をどこで見かけたかなど様々な背景をもとに張り込みや聞き込み、尾行で持ち主を特定していきます。興信所の技術や手法、情報網を駆使して所有者を導き出すということです。

 

調査にかかる費用の相場と依頼するときのポイント

調査費用は依頼する会社によりバラつきがあります。3万円前後で行っているところもあれば10万円としているところもあります。

 

あまりに格安の場合調査内容が所有者の氏名特定、住所特定と別になっている場合や調査方法がよくないやり方であったりする可能性もあります。思いがけない調査内容や調査方法は後のトラブルにもなりかねないので、事前の打ち合わせでどのように調査するか調査で知れる内容はどういった項目か聞いておきましょう。

 

依頼する際には地域10お5678というようにナンバープレートに表示されているすべての番号がわかっている必要があります。どれかが抜けている不確かな情報は調査時間がかかってしまうことがありますので、金額も大幅に増えてきて現実的ではありません。またナンバープレート以外の情報として車両を見かけた場所や時間、車種など知っている情報をできる限りたくさん提供しておくこともポイントです。元となる資料があれば、早く解決しますし、結果的に費用の節約にもなります。

 

⇒興信所の無料相談・調査見積もり依頼窓口