興信所への嫌がらせ調査依頼・無料相談

興信所への嫌がらせ調査依頼・無料相談について

興信所に依頼できる調査には嫌がらせ調査があります。こちらではその調査についてどんなものなのかご説明していきます。

 

嫌がらせ調査は何のために行うか

目的はというと嫌がらせ行為をする犯人の特定や問題解決のために必要な証拠収集のためです。誰が何のためにしているか原因がわかり、証拠を掴むことができれば、嫌がらせを撃退できるきっかけになりますし、嫌がらせ行為には、ストーカー被害と同じように、規制法が制定されているため、どうしてもやめてもらえない場合には刑事告訴をすることができ、逮捕や警告、または禁止命令のような行政借置が可能になります。

 

嫌がらせにはどういった種類があるのか

嫌がらせの行為は多岐に渡り、大きく分けて犯人が特定できないものと、犯人が誰かある程度予想がつくもの(知人である可能性)の二種類あります。その一例を紹介すると、犯人が特定できないものには、車に傷をつけられる、郵便ポストが荒らされている・郵便物が無くなる、玄関前にゴミ袋が置かれる、子どもに対するいじめ、ペットに対するいたずら、ネット上で誹謗中傷されるなどです。犯人が知人の嫌がらせには、職場のセクハラ、上司のパワハラ、隣人の騒音や異臭、または覗きなどです。

 

嫌がらせ調査の方法

嫌がらせ行為には、さまざまな種類があり、対処法もその種類に合わせて調査するようになります。主に尾行や聞き込み調査で判明させることが多くなっています。まずは信頼できる興信所やいやがらせ調査を得意とする興信所に相談して、嫌がらせ被害の内容を詳しく説明することで調査方法を決定してもらえます。

 

調査にかかる金額の相場

嫌がらせ調査の料金相場は、被害内容や被害状況、調査の方法や期間により異なってきます。また、興信所によっても調査手法や料金設定が違うため、相場を見極めることは難しいと言えます。ある興信所のホームページでは一例として15万円と表示がありましたので、順調に調査が終了してその程度と考えておくとよさそうです。

 

⇒興信所の無料相談・調査見積もり依頼窓口