興信所への電話番号調査依頼・無料相談

興信所への電話番号調査依頼・無料相談について

現在では老若男女問わず一人につき一台は携帯電話を持つ時代になりました。そんな携帯電話事情を逆手に取り、興信所では携帯電話の電話番号から個人を特定する調査方法があります。もちろん固定電話でも同じように調べられます。それはどういったものなのかご説明致します。

 

電話番号を使った調べ方

電話番号から契約者の氏名や住所を特定することができます。そのため、どんな調査に向いているかというと、浮気調査の一環として浮気相手の氏名や住所の特定、嫌がらせ電話や迷惑電話の原因究明、詐欺での加害者の特定、内容証明郵便の送付先住所の特定、少額訴訟の為の居住先の特定などです。

 

電話番号から特定が有利な訳

浮気調査の場合、電話番号により不倫相手の素性を明らかにすることができ、慰謝料請求になった場合に必要な身元情報も入手することができます。嫌がらせ電話や迷惑電話の場合、犯人を絞ることが解決に繋がります。ストーカーなど犯罪の可能性があれば、その後警察に任せることもできます。詐欺被害にあった場合やあわないための対策として詐欺師の身元を明らかにしておく、取引先の信用性を測る材料とする、相手方の会社登記の本店住所を調べることで詐欺から身を守ることができます。

 

電話番号からの調査の相場

電話番号を使った人物の特定では調査金額の相場は10万円から15万円と言われています。5万円程と格安に良心的な値段で調べられるところもありますが、もしかすると悪徳業者かもしれませんので安すぎるところには注意が必要です。

 

IPアドレスからの個人特定

電話と同じように個人に普及しているのがパソコンです。そしてそのパソコンにも各自の番号であるIPアドレスが設定されています。こちらのIPアドレスからも同じように個人特定ができるかというと、それはかなり難易度が高くなってきます。なぜならIPアドレスから使用者を導き出すためには行政機関(警察など)を通してISPに情報開示を申請する必要があるからです。つまり興信所などがIPアドレスから個人を特定するためには、司法機関に情報開示命令を下してもらえるような正当な理由が不可欠です。

 

このように電話番号から個人特定することは様々な問題の早期解決に繋がると考えられます。しかしIPアドレスでは電話番号と同じようにはいかないことも知っておいてください。また電話番号からの検索は興信所によって扱いがあるところとないところがあります。事前の相談時にその件も話しておくとよいでしょう。

 

⇒興信所の無料相談・調査見積もり依頼窓口