興信所への中絶調査依頼・無料相談

興信所への中絶調査依頼・無料相談について

婚約者や配偶者の中絶歴を気にする方は多くなっています。中絶の経験があればその後の妊娠に影響が出る場合もありますし、中絶に至った男性遍歴に関しても気になるところです。しかしナイーブな問題であり、本人に聞くことは難しいもの。婚約者を不快にさせる可能性も十分にあり、その後の結婚生活に支障がでるかもしれません。

 

そんな中絶の経歴をどうしても調べたいという方は興信所に依頼すると比較的早く結果が得られます。それではどのような内容をどんな方法で調べるのでしょうか。こちらではその詳細についてご説明していきます。

 

中絶歴の調査内容

妊娠歴の調査は他の調査と比べても、難しいといわれています。その理由は病院や保険会社から確実な情報が聞き出せることはないからです。病院が患者の情報やカルテ内容、保険会社が被保険者の情報を漏らすことは違法行為であり、厳しく管理されています。そのため中絶の「絶対的な事実」を確かめることは不可能に近く、判明するのは「中絶した可能性」や「妊娠していた可能性」、「お腹が大きくなっていた事実」であることを先に理解しておいてください。

 

中絶歴の調査

妊娠歴や中絶歴については病院や保険会社から確実な情報を得ることは違法行為ですので、対象者の知人や住んでいる地域、または住んでいた地域の周辺で聞き込み調査をすることが一般的です。つまり身辺調査から導き出すということになります。身辺調査で現在の本人情報、過去、現在の異性関係、その他必要な情報について調べて、調べた事実から中絶の可能性を考えることになります。

 

中絶歴の相場

中絶歴の調査は婚前調査に含められることが多く、3日で12万から28万円が相場です。この相場は一般的な聞き込みによる身辺調査を行った場合で、調査方法や調査期間によっても違ってきます。尾行や張り込みの行動調査をした場合には調査人数が増えることが予想されますので、その分高くなったり、依頼人から調査スタッフに提供する元の情報が少なければその分調査が長引き、料金が高くなる傾向です。

 

⇒興信所の無料相談・調査見積もり依頼窓口