興信所と弁護士への依頼基準と順序

興信所と弁護士への依頼基準と順序について

浮気や不倫によって離婚や慰謝料請求を請求したい、お金を貸した相手がいなくなってしまったので法的な手段を取りたい、隣人とのトラブルがあり解決したいなど、このような困ったことがある時に弁護士を頼る方は多いです。しかし弁護士はトラブルがある、被害を受けているとはっきりと証拠があり、なおかつその相手がどこの誰なのか分かっていないと動くことができないことに注意しなくてはいけません。

 

例えば浮気の場合ですと配偶者が浮気をしている証拠はもちろん、妻や夫の交際相手の住所や職場などが不明ですと内容証明を送ることはできません。また隣人と揉め事がある場合についても証拠が無ければ、訴えを起こしても優位に話を進めることはできません。そのためまだ手元に情報が揃っていないという場合は、まず興信所を頼り情報収集することが必要になります。

 

興信所ではご自身の目的に合わせて的確な調査を行い、必要な情報を収集します。最終的に示談や調停、裁判に使用できる資料や証拠としてまとめてもらうことが可能です。そういった書類が揃っていれば弁護士をスムーズに頼ることができます。興信所によっては信頼できる法律事務所を紹介してもらうこともできますよ。トラブルに悩まされている方はまずどうすればいいのかアドバイスを受けることもでき好評です。

 

⇒興信所の無料相談・調査見積もり依頼窓口